黒白混淆(メイソウアマソウX)

信長の野望onlineというMMOの事やその他なんか適当な備忘録

拝啓 運営様

聴いて下さい、私からのソウルソング

『そんな貴方が分からない』
(作詞:武田またぎ 作曲:キダ・ジロー)

もう何度 私は貴方に手紙を送ったかしら
「上覧の武器は 一度変更入ったはずなのに
全く変更無かった事 なかったですか」
技能についての文句は もう何度言ったか

何年たったか わからなくなって
心ももげた 歳も取った
諦めようと決めた そんな時
貴方は何と言ったのかしら

『※6月および7月の上覧武術大会は、
新シーズンの開始まで延期させていただきます。』

どういうことなの なにがしたいの
貴方がさっぱり分からない

------

一部引用元:http://www.gamecity.ne.jp/nol/news/body_3475.htm#3475

すみません中の人リアルで疲れてます

とりあえずですね、この一文に凄く驚いたのです、私は上覧が始まってから、2-3自己都合で参加していませんが家臣上覧以外のほとんどの対プレイヤー上覧に参加しています

こんな長期間の上覧武術大会の延期は初めてのはずなんですよ

しかも新シーズンまでってどういうこと

ではここで色々明らかになったので、前期を踏まえて今後の日程を考えてみます…うわしれっと修正入ってやがるフンスフンス

-最短ルートの推測-
盟主候補による開催献策期間 6月22日(水) ~ 6月29日(水)  *「天下分け目の決戦」を開催するかどうかを決定する期間
参戦陣営の献策期間 6月29日(水) ~ 7月6日(水) *東軍と西軍に勢力を分ける期間
決戦期間 7月6日(水) ~ 7月20日(水) *東軍と西軍が雌雄を決すべく戦う期間
天下泰平期間 7月20日(水) ~ 7月27日(水) 定期メンテナンス開始時

んで、
7月13日(水) 定期メンテナンス開始時(8:30予定)までに開催が決定しなかった場合は、自動的に開催。

と言ったところでしょうか。確かに最短で2回、最長で3回が潰れることになります

んが

引っかかるのは先ほどの引用文です

『※6月および7月の上覧武術大会は、新シーズンの開始まで延期させていただきます。』

前回の天下分け目は記録がバッチリ残っています、東西は元々関係ない(6月第1週が上覧、2~3週が東西になるため)し、決戦期間とうまくかぶらなかったからか天下中もばっちり上覧は行われていました

ですが今回は延期というのです、しかもどうも2回だけでなく、『新シーズンの開始』までとなっています

これは一体何なのでしょう

1.人が昔より集まらなくなってきたから凍結してみよう→あってもなくても東西は参加率に関係ないのに何故だという疑問が残る(期間がかぶらないから)

2.もしかしてもしかすると私の何年越しの望みかわからない上覧武闘大会の修正がどれだけぶりかに入るのか…?→何のアナウンスもないあやしい信じられない

(ちなみにN上覧は上覧武闘「祭」のはずです)

3.上覧に変わる新コンテンツ賭博場の実装が…!?→妄想が明後日に飛んで行った

3は冗談として、1か2か、それとも私の予想のはるか斜め上がくるのか、正解は一体どこにあるのでしょうか

ともあれ、今回の配布徒党上覧が終わると、当分の間家臣上覧も対人系の上覧もありません

今後どうなるか、過去15回(白目)になかった事態のはず。みんな、出てみませんか?そして、上覧凍結中に「ああしてほしい」「こうしたほうがいい」という要望を送ってみませんか…w

ほんとに、何故止めるのかが知りたい。常時観戦モード実装が遂に叶うのでしょうか…いや夢を見てはいけない…ブツブツ。

スポンサーサイト

第2シーズン24週目 4月第4週目に発生する合戦 (4/27~)

…やっぱ通常シーズンなげえよ…

合戦の結果。

白石(占領外郭) 上杉VS北条は上杉家の優勢勝ち。白石が北条家から上杉家所有になります。
岩出山(中核) 武田VS伊達は武田家の優勢勝ち。岩出山が伊達家から武田家所有になります。

外交変化はありません。

発生する合戦。左攻撃側。

小田原(本城) 上杉(今川・浅井)VS北条(三好)
上杉家、同盟国占領領土山中(外郭)から北条家本城小田原への侵攻です。城マップ陣取戦です。

角田(外郭) 武田(斎藤・浅井)VS伊達(三好)
武田家、同盟国占領領土江戸(外郭)から伊達家領土角田(外郭)への侵攻です。希望大名物は松本茄子です。

堺(外郭) 伊達(三好)VS徳川
伊達家、同盟国領土伊丹(中核)から徳川家占領領土堺(外郭)への侵攻です。希望大名物は中務正宗です。

大名物不可侵申請
上杉家→今川家 宗祇香炉(不可侵)

大名物外交承諾
上杉家→足利家 小笠原一張弓を譲渡、大包平との交換許可
足利家→上杉寺 大包平を譲渡、小笠原一張弓との交換許可

本日0時付近の大名物番付(pt順)
浅井>斎藤>武田=上杉>足利>伊達>徳川>雑賀>今川=本願寺>北条=織田=朝倉=伊賀=三好

流石に今週は間違いないと思います、先週は飛んだ大失態失礼いたしました…。

------

侵攻戦についてちょろっと。

櫓やら何やらがよくわからない人に建造される→自軍で破壊できるようになる→櫓オンラインが戦法として浸透する

これって絶対運営が想定してなかった流れだなーとw

大決戦がどんどん変更されていって、最終的にN狩り最強になったのを思い出します。侵攻戦は一体どうすれば大決戦の二の舞を避けることができるのでしょうか。廃止にするのは簡単ですが、なんとかできる方法ってないものなのかとぼんやり考えてしまいます。

というわけでおやすみなさい。

第2シーズン23週目 4月第3週目に発生する合戦 (4/20~) 追記記事

白石(上杉→北条)と岩出山(武田→伊達)が発生しました。

揚北が越後なのをすっかり見失っていたのは酷かったwwwwwww

2勢力攻めが同国で起きたのは初だったのかな。FAQはちゃんと現行通りだったという事になりますね。

非常に紛らわしい記事を書いてスミマセンでした(ジャンピング土下座)。今後いいサンプルになるので助かります。

最後に、自分でやるか。

m9(^Д^)m9(^Д^)m9(^Д^)m9(^Д^)m9(^Д^)m9(^Д^)m9(^Д^)m9(^Д^)ぬれさんプギャーwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

自分でも失笑もんですわw拠点の優位度あたり(を理解せず持論で納得したのだろう)で多分脳みそが勘違い起こして間違いをそのままにしておいたようです

同国サンドイッチが過去にもあったのがきれいに飛んでいたとはな!orz、FAQによるとこれ以上の数は同国では起きません、を今後しっかり覚えておきます

あと敵対は2枠まで、3週縛りも考えないといけないし、いやあ面倒な仕様になったもんですな…HAHAHA!

第2シーズン23週目 4月第3週目に発生する合戦 (4/20~)

<前書注意>今回だけは私も自信が持ちきれません。信じるも信じないも自由です。

今回だけは、来週発生するだろう合戦の予想の解説から入ります。

陸奥に関係する献策は4勢力から出ました。

上杉の、揚北からの白石侵攻。
武田の、石巻からの岩出山侵攻。
北条の、角田からの江戸侵攻。
伊達の、岩北山からの石巻侵攻。

補足情報として、今週、武田から今川に金陀美具足(10万点)が移動するはずです(先週漏れてて本当に申し訳ない)。実はこれは、上杉と武田とが大名物同率3位になってしまいます。北条と伊達は、伊達の方が優先度が上です。

ここでQ&Aを見てみましょう。


【合戦の発生】
進軍目標が決定すれば、定期メンテナンス後から合戦が発生します。
1国内において、合戦は攻撃側と守備側の最大2つの領土で発生する場合があります。

【複数勢力の進軍が重複した場合】
1勢力に2つ以上の勢力が進軍の決議を行った場合、以下の優先順で進軍勢力を決定します。
 ・大名物得点が最も高かった勢力
 ・決議の得票率が最も高かった勢力
 ・進言が最も早かった勢力

1つの城砦が2つ以上の勢力の「進軍元城砦」または「進軍先城砦」に設定されていた場合、以下の優先順で進軍勢力を決定します。
 ・大名物得点が最も高かった勢力
 ・決議の得票率が最も高かった勢力
 ・進言が最も早かった勢力



引用元:http://www.gamecity.ne.jp/nol/sup_app/faqview?c=a&aid=1680

同勢力の噂話で聞いたのですが、白石と岩出山が起きるんじゃないかと。私は両方は起きないと言っておきます。どちらか片方のはずです。

で、どっちが起きるのかという問題がこれまた難しい。何故なら武田家は、先週書き漏らしていて本当に申し訳なかったのですが、金陀美具足(10万点)を今川家に譲渡し、許可されています。武田と上杉が同率3位になるのです。

というわけで大名物の条件では決められない。次に得票率になりますが、両方とも100%だったはず。

残るは進言の早さになるわけです。正直お手上げですw。

そしてここから先はもっと信じる信じないはご自由でお読みください。1stシーズン2ndシーズン見続けてきた自信はありますが、言い切れない弱さが無いわけでもありません。

Q&Aにある

『1国内において、合戦は攻撃側と守備側の最大2つの領土で発生する場合があります。』

ですがこれはどうも過去仕様を引きずっています。まだ1国内に外郭・中核・本城がないころの文章です。

昔は例えば、近江から浅井が侵攻→美濃から斎藤が侵攻→信濃に武田が攻められる、というようなサンドイッチの図がありました。これは美濃が攻撃側と守備側が両側面をもっていますね。そして「近江からの」攻撃、「信濃への」侵攻、というように、他国からの発生でないとサンドイッチは起きません。昔の仕様ですから当たり前ですが。

言葉だけで伝えるのが大変で、絵に描いて分かりやすく解説する暇もないのですが、「美濃国内では」サンドイッチは起きません。拠点が6つあり、占領領土があり、そこで攻めた攻められたがあっても、1国内では1合戦しか起きなかったはずです。

調べたり証明する時間はもうないです。早く寝たいです。だのでこれを「ハハハー何言ってんだpgr」と思うなら信じなくても大丈夫です。

以上の事から、上杉の献策提出時間が勝った場合と、武田の献策提出時間が勝った場合とを考えていきます。これは純粋に大名物による優先順です。

パターン1・上杉の献策提出時間が勝っていた場合 可能性1割(可能性については最下文をお読みください)

上杉の白石攻め(占領外郭)が発生します。上杉(今川)VS北条(三好伊達)、陣取りです。
北条の江戸攻め(占領外郭)が発生します。これ属国本城になるんだったかな。北条(三好伊達)VS浅井(武田)、陣取りで城マップ?かもしれません。

ダッシュ追記 これが起きた場合間違ってたんでうまくやれんかったが修正しました

武田がキャンセル。同国発生の大名物優位度により武田も(武田を追加しました)伊達もキャンセルされるためです。

パターン2・武田の献策提出時間が勝っていた場合 可能性9割

武田の岩出山攻め(中核)が発生します。武田(斎藤)VS伊達(三好)、侵攻戦陸奥マップです。
北条の江戸攻め(占領外郭)が発生します。北条(三好)VS浅井(上杉)、陣取りで城マップ?かもしれません。

この場合は『1つの城砦が2つ以上の勢力の「進軍元城砦」または「進軍先城砦」に設定されていた場合の優先順』で伊達が負ける為伊達はキャンセル、上杉が同国内の優先順位で負ける為キャンセルされるからです。

これで以上になるかなア。ああ疲れた…orz。私はパターン1と踏んでますが、提出時間なんてわからんのでなんともです。北条の浅井攻めだけは確定したかもしれません。

-----------------------------------

残る情報。

同盟。変化無し。

大名物。ちょっと雑にいきます。

上杉家→足利家 大包平を希望、小笠原一張弓を譲渡。
今川家、武田家よりの金陀美具足の譲渡を許可。
足利家→上杉家 小笠原一張弓を希望、大包平を譲渡。

以上!さあ予想が当たっててピノキオの鼻の如く伸びて折れるか、豪快に外しててpgrされるか、それはメンテ明けのみの未来が知る。寝るんだジョー!!

(寝言 むにゃむにゃ そうか メンテ前の時点で考えるなら 金陀美具足移動前で判定する可能性が高いじゃないか パターン2支持に変えておきます あとほんともう文章何度も構築し直してたら時間が遅くなって繋がりおかしくなったりしてると思いますすみません)

起きての追記
コメントでまたきちんと返しますが、サンドイッチの下りはそうです、白石領を最初に伊達領と勘違いしていた名残です

ですが、武田が伊達、上杉が北条を攻めていても、拠点所有は確かに別勢力なのですが、陸奥と言う国では1戦しか起きないと私は記憶しています。イコール結論は変わらないので文章どうこうするより寝る方を取りましたw。

もうすぐ結論は出ますが、上杉の攻め、武田の攻めは今週は同時発生しないと思いますよ

外してたら盛大にプゲラッチョしてください/(^o^)\

さらに追記
私のこの予想どちらかが当たっていた場合、飲み場で仕事を語るウザイおっさんの如くの絵を交えた解説を今晩致します。外れてたらなかったことにします。突然文章が修正される事態が何度か発生してしまいすみません。

めんどくさい松島とその他

きょうのにっき。

ろぐいんしたら「何か企画しろ」といわれたので、てきとうに「じゃあ松島」といったらさいようされてしまいました。

matsushima-1.jpg

とうじのおもいでをはなしながらやりました。「ボスがやれなきゃ次帰る」とかとうじはたいへんだったそうです。まつしまでptがりしかしてないわたしは「ひえーw絶対イヤww」とおもいながらきいていました。

さいしょのしれんがおわったら「次は1時間半後^^」とのことだったので、つづきはまたこんどにしました。

そういえばまつしまにはいるのすらはじめてのひとがいて、「(戦闘の)BGMwwwwwwwwwwwwwww」ってくさはやしてました。はじめてではたしかにびっくりするおんがくでした。

そして、まだやってなかったので、うえだじょういべんとにいきました。

saiban.jpg

しせつでふおんなはつげんがながれました。いちぶかくしておきましたが、「ぼうげん」ではないです。ただ、のぶおんにかぎらず、ねとげのちゃっとろぐは、ろぐということばどおり、「記録」になるので、どうとくにはんすることをどうどうといいつづけるのはやばいとおもいました。みんなきをつければいいとおもいました。

「本当に載せたのwwwwやめてwwwwww」っていわれたら、このへんのぶんはけします。

また、きょうは、わたしいがいのひとがおもしろいはなしをしていました。わたしはめいんきゃらくたーのうらにてっぽうがいるくらいなので、おはなしについてはまったくわかりません。みんなたぶんたいかんで「こうだ」とおもうことをはなしあってるだけだとおもいます。

もしかしたら、おなじように、「どっちだろう?」っておもってるひともいるかもしれないので、おはなししていたみんなにかくにんをとって、ちゃっとろぐをまとめてみました。めいちゅうときようのおはなしです。

<以下チャットログ、不必要な所作ログとか会話などは削り、改行などもろもろ調整しています>

A氏:ぜんぜん関係ない話なんだが、命中補正+10 と 付与で器用50 としたら、どっちが命中率いいのだろう、、
B氏:命中補正だとおもう
C氏:命中かな
D氏:うちは器用50を選んだ

A氏:自分は器用のやつつくってみたんだが、まあ命中率がそもそも100%じゃない以上、わかんないんだよなあ、確率が。
A氏:補正+あってもはずすときははずすよねぇ
B氏:全部技能と装備脱いだうえで100かい旋回打って、50装備と命中装備でくらべれば、大体の数値出るよ
C氏:技能の上限は超えないはず
A氏:いちおういろいろやってはいるが、そのだいたいの数値っての自体がそもそも微妙w
B氏:微妙だけど数値的な差は結構大きく出る

A氏:そりゃ命中補正+20とかおもっきりたかければあれだが、10とかじゃどうみても大差ないな
A氏:20とか30の補正世界しらないからわからん、、器用も50じゃあまりかわらんきもするし
A氏:頭と胴で腕力器用で 器用100~にしてみると、やっぱよくあたるきがするしなあ
C氏:すでに技能の命中キャップ出てる状況だとどっちにしろあまり意味は無いかな
A氏:100%の命中率じゃない以上なんともいえんなぁ

B氏:命中補正か器用かって質問なら効果は命中補正のがパフォーマンスはいいはず
A氏:だからそうなると、器用50くらいと補正10だったら補正10のがいいものなのかね
B氏:資金にもよるしね
A氏:補正+1単位がどれだけの率なのかがわからんから、こりゃ判断むりだよなあ

A氏:ただ器用装備してると攻撃はよくよけるきはする
A氏:それこそ回避補正もどうなんだ
A氏:まさに泥沼
B氏:荷物マックス持って器用1にした補正検証とかもしたけど、結局器用がないと補正も最大限発揮しないこともわかり、なかなか難しい
B氏:要はバランスじゃねw

A氏:もちろんバランスもあれだけど、とにかく命中率、回避率ってのが絶対的に確率の問題だからどうにも判断むりだなあ
B氏:昔、占いにその値でてたんだけど、コーエーの策で表示されなくなったねw
A氏:ぶっちゃけていえば、命中率が90%と95%だとしたらどっちもおなじだろう
A氏:95%と100%だったらちがうのはあたりまえだし
B氏:90ぱつ命中と95発命中って考えると、ダメージとして15000x5くらいかわるから、そう思うとおおきいよねw
A氏:その計算は、ぜったいあたった場合の計算w
B氏:はいw
A氏:まあ技能の命中キャップもあれだし、相手の回避率にもよるし
A氏:まああればあったほうがいいのはあたりまえだが、問題は補正+と器用+のどっちかだったら、どっちがいいかという話にもどる…
B氏:補正プラスのわんみかな、装備としては
B氏:好みもあると思うが、器用50ふるってことは腕力か魅力のどっちか犠牲になるが、補正ならその幅が少なくてすむのもメリットかなーと

A氏:はなしもどっちゃうが、補正+1が器用10くらいな価値なのだろうか
C氏:そこはもう道場で100発単位で撃つしかw
B氏:その価値は答えが難しいな
A氏:いくら撃って検討してもわかんねーw

A氏:ただ直感なんだけど、命中補正と回避補正だと、回避補正のがどうにも効果たかいきがするなあ
A氏:気のせいでもあるか
B氏:体感できるようにするには器用なら+100、命中なら+50くらいあればはっきりするんじゃ!
A氏:がっつり器用装備するとたしかに命中率はちがう
A氏:あたりまえっちゃああたりまえだが
B氏:回避のが効果高そうと感じるのは、回避装備してる人がほぼ器用装備だからなー
A氏:器用って最近おもうんだが、奥が深いぜ、、、
B氏:命中補正ぷらす器用装備ならかわらんきがするよ

A氏:いくら補正あっても、命中補正があっても
A氏:回避補正ある相手にだと、はずすときははずすよね
B氏:うん
B氏:それはたぶん、命中50同士だったとしても、相手のが器用が高ければはずすんじゃ
A氏:いや、そいうことじゃなくどうにもあれなんだ
A氏:話またもどるが、すっごく簡単にたとえれば、スパロボ大戦とかで命中90%の攻撃ははずれて、回避10%なのに攻撃あたっちゃうみたいな世界なんだェ
A氏:そんときの運もあるよなー
A氏:確率ってそういうものよね、、、
B氏:時にはあるけどこのゲームその辺の計算結構しっかりしてるから
B氏:ただ100%命中も100%回避もないのも事実
A氏:まあわかんないなあ

A氏:ただ直感でいえることなんだが、大玉中は命中率ぜっったいおちるw
B氏:大玉するときって相手の生命半分以下とか多くて、相手の存命とかでちゃったりするからそこも何とも言えないw
A氏:いや、そうじゃなくても、N戦闘においてもあきらかにあやしいw
B氏:大玉100発 検証するしか!
A氏:独り言だけど、まあこうみえて鉄砲鍛冶歴ながいからほんとおもうのよ
A氏:大玉中はあやしいw
C氏:なにその能楽必須な検証w

B氏:個人的な感覚だが 命中補正1+器用+1>命中補正+1>器用+1で命中率はアップすると思ってる
B氏:ただ命中補正はどうも器用に対するパーセンテージで効果発揮するから、命中50と器用100くらいが同じかといわれると、個人差があるから答えられませんw
A氏:個人的な感覚だと、命中補正+1が器用5くらいな効果、みたいな予想
A氏:命中補正10が器用50みたいな
A氏:もしくは命中補正1が器用2くらいとか
C氏:たぶん計算方法は全く別じゃないかと思ってる。
D氏:最終的な命中や回避の数値%ぶんの補正かもなあ
A氏:まず器用ってのが回避、命中にかかわってることはきまってはいるんだが
A氏:補正ってのが、どこまでの確率なのか、だなあ
C氏:器用でまずは基本命中判定計算して、そこから出てきた命中率に命中回避補正と技能の命中補正足してるんじゃないかと
D氏:たぶんそんなきがする
D氏:器用がないのに補正ついていても意味ないにも納得がいく
A氏:そんなかんじなのかなあ

<器用命中の話ここまで>

機織ぬれば [1:烏龍茶 ]:この辺のログ、名前隠してブログに載せていい?
(誰かさん) [1:烏龍茶 ]:有料
(謎の人) [1:烏龍茶 ]:名前晒せェ

やだよ!wwwwwwwwwww

注意:私は物理アタッカーはメインの裏にいる見習い鉄砲鍛冶しかいないため、「いや違うこうだ!」「この発言ってほんとにそうなの?」という言葉に一切お答えができません。実際上記の会話中、ほとんど入っておらず、むしろ削った私の会話ログのほぼ全部どうでもいい茶々でしたw。「我慢できない!コメントしたい!」という方はここだけはご留意頂ければと思います。

参加していた人へ内内の話:勇気が無かった。

このあと、わたしはぼうきゃくの11かいを、ちじんさんとはりあってやりました。ちじんさんのこうせいがけんじつで、わたしのこうせいがばくちすぎて、せいかくがにょじつにでててはずかしいなあとおもいました。

おしまい。

ルールは守られた

タイトルに釣られないで下さい(前書注意)。日記です。

宣伝しようと思ってたら当日になっていたという失態。OMUSUBI KNOCK EVENTに参加してきました。

amekasaonigiri-1.jpg

主催者より先に現地入りしているという気合の入れよう。だって、絶対に一度はそっちのイベントに参加するって(勝手に)約束してたんだもの…w気合も入るってものよ!!w

amekasaonigiri-2.jpg

名前が凄く気になってた人が真横に来た時が一番驚いたw。

amekasaonigiri-3.jpg

一心不乱におむすびを握る我ら。

amekasaonigiri-4.jpg

最終的に4人になっていました。

私が一番最初に500回終えたようで、ルール通り無言で去りましたw。ログ流さない所作だけしてきたけどね。

一体なんなんだって言うこのシュールさ、私は大好きです。

------

その後N上覧行ってきました。そういやこのブログ、極局地的一部に上覧に文句言うブログと認識されてるらしいのでちょっと文句いっとこw。

今回は龍泉洞のみのボス調整ってなったけど、N上覧も釣れっぷりとかちょーーーーーーっとだけでも見直してくれないかナー。あと、難易度が上がれば上がるほど1戦1戦にかかる時間が半端ない!!いいかげんにしろ!!!ってあちこちでよく聞きます。なんとかなりませんかネ。

あとP上覧も何度も何度も何度も言ってるが上位報酬の武器と配布装備の付与くらいは流石に何とかしろ、いつの時代から止まってるねん、ほんとはもう15回も同じ事してるんだから抜本的になんか見直してくれ

よし、仕事は果たしたw

shinmajouran-1.jpg

いたメンツがメンツだったのでしょっぱい私の鎧が盾鍛冶で甲予選だったか?にいってきたんですが、まあ漏れる漏れる。文句言われるのはいいがお漏らしプレイヤーはちょっと…w。そういうプレイ流行ってるんですか?(何を言ってるんだ)

shinmajouran-2.jpg

ここ数日自分が寸止めの画像ばっかりあるのはなんでだろう。

*この後無事予選は突破いたしました。今回は能無し減殺無し、回復2で行ってきました。盾鍛冶がもっとしっかりしてればラクチンだったかもしれませんorz。

1回戦が星野山、2回戦が高千穂、3回戦が八雷でした。他のが来てたら「お疲れ様でした~^^」だったかもw。

パイタッチ、もとい煉気掌・煌と返報も調べました

細かい検証はしてませーん。適当です。

<煉気掌・煌>士気玉3使用
renkisyokou-1.jpg

ドーンそしてターッチ

renkisyokou-2.jpg

準備してないPに当ててもこの威力w士気玉3つ使って守護抜けしない神気撃みたいなものでしょうか…神気よりは生命ダメージあるけど。ようは使いどころがあまりないのでh(みなまで言うな)(泣いてない)

renkisyokou-3.jpg

パイタッチしたあとちょっとして逃亡準備したんですが、上記のように気合減少は意外に効果がありません。オマケ程度の効果と思われます。あともしかしたら気合呪詛はレジれる可能性もあります。昨日死にかけのNにしたんですが、気合減少してなかったかもしれないのです。気合バーが点滅してるかどうか確認できる前に死んじゃったもので…w。

<返報>
henpouss-8.jpg

仕込んだ後仙が呪詛をもらいます

henpouss-9.jpg

発動します(1回発動したら切れます)

henpouss-10.jpg

前の画像よりウエイトが+2してるのがおわかりになりますでしょうか。低速呪霧・弐の効果だそうです。

んで、レジは可能のようです。うちの陰陽は火属性なのですが、赤呪詛は弾いています。ですが、以前よりは呪詛は付きやすくなっています。前は能が青と緑しか付かないとか成功率は悪かったです。

返報は非常に微妙な技ですねえ。仕込んで損はありませんが、kp3で飛ぶ、発動しても才覚で無意味とかなるので、使いどころは選ぶかもしれません。NPC戦ではお察し下さい。

とは言え、特に対人は、今後はkp3が無いとキツい場面も増えそうです。

☆ここまで読んでくれた人にオマケ☆
神気招福ヤバい、超ヤバい

偶然にもひどくウエイトが重い流派を入れていたので試してみました。

shinkisyohuku-1.jpg

こんなに重い流派技能も…。

shinkisyohuku-2.jpg

アラビックリ!ウエイト1になっちゃった!!

*この後スタッフが看破してしまい元に戻りました

さて今後対人に古神が増えるかどうか。うちのシー先生が急に優遇特化になってモテテモテテコマッチャウになるとうちらが困ります。

龍の3に行ってきました(但し感想は個人的体感)

☆この日のハイライト☆
ryuusendou3-1.jpg

ryuusendou3-2.jpg

ryuusendou3-3.jpg

huita.jpg

草生やす前リアル中の人マジで噴いた。同様の被害にあった方もおられたようです。

信濃の戦場では、巻き込み戦闘で真田幸村や十勇士と戦うことができるほか、さらにアイテム《真田の六文銭》を所持しているとイベント期間中、イベント以外のフィールドやダンジョンでも十勇士たちとともに戦うことができます。



引用元:http://www.gamecity.ne.jp/nol/topics_cms/event/904.html

…書いてたわ…w。これもって金色堂行くと楽しいかもしれませんね…w。プレイヤー7人徒党でもプレイヤー差し置いて入ってくるのはどうかと思いますが。

------

そんなわけで、

・ダンジョン「龍泉洞」および「陸奥」において、以下NPC徒党の強さを調整しました
 《闘神阿修羅》《陽炎摩利支天》《覇道帝釈天》
 《蒼き不死鳥》《歓喜天》《時喰らう邪神》



引用元:http://www.gamecity.ne.jp/nol/news/body_3459.htm#3459

を試しに行ってみました。

構成:軍刀古鉄仙密修

能無しでの実験です。うちの軍さんは不遇時代から軍をしてきた人なので、どうしてもいるからとかではありません。メインをかき集めてこうなった感じです。

<マリちゃん>
ryuusendou3-4.jpg

トラブルの1回目はさておき、2回目でクリアしたと思います。画像の私寸止めという危機もありましたがw

刀さん曰く「全然釣りやすくなった!」。修正前とは比較にならんくらい5体とか6体とかつれるシーンが見れたと思います。

<覇道たいちゃん>
ryuusendou3-5.jpg

正直苦労しましたw。泣きの3回目でクリアだったかな…。この構成では、正直に申し上げますと、旗以外バッタバッタ死にましたw。私も3-4度走ったと思います。不慣れだったのもあったし、私が3の準備スルーしすぎ問題も多かったのは否めませんorz。

こちらは「前よりちょっとつれる感じ」。全く釣れない時もありましたが、マリちゃんほどではないですが2-3体は安定して釣れる感じがしました。今回刀さんだったので、もしかしたら鎧さんで矢弾して、修正された火事場馬鹿力入れたら、以前よりは安定するかもしれません。

今回メイン回復が修験で、且つ能無しだったわけですが、地味に効果を発したのは《蛇紋孔・参》だったりします。1のダメージを地味に減らし、且つ761の順で落としたのですが、1にかかる頃には1の体力は1割くらい削れてました。

但し今回、
・そこそこ釣れないので、釣れない際のダメージが私や古や密にかなりダメージが分散した
・全員メイン=そこそこ鍛えられているので寸止めでもった事も何度かアリ
・薬師が変態なので鋼のカボパンで死なずにもった

という勝利要因もあったと思います。以前よりは自分たちのやってきた構成で連携していけば勝てる可能性は増えた気がします。一期一会の場合はちょっとわからない…ごめん。

あ、私はこの敵を回数やってないので最後に適当言いますが、九天と四元の頻度が減った気がしますが。これは多分、気だけ。

機織ぬれば :また近々オカマやりましょ
富野由悠季 :僧63を見たときは焦った
機織ぬれば :あれが今日のハイライト
富野由悠季 :絶対やらかすのほかにもいるわw
機織ぬれば :そのうちきっと私が!w


最後にフラグを立ててみんな雪崩れて就寝しましたw。

(速報)途絶と内丹崩を早速調べた

<機能追加/機能変更>
以下の機能追加と機能変更を行いました

・以下の特化系統において、技能調整および効果説明文を修正しました

(中略)

 【仙道】
 《煉気掌・煌》
 対象を気合回復速度低下状態にする効果を追加しました

 《途絶》
 対象に与える耐性低下値を引き上げました
 ※重ねがけでの上限値は変更ありません

 《内丹崩》
 対象に与える耐性低下値を引き上げました
 ※重ねがけでの上限値は変更ありません
 命中力を大幅に引き上げました

 《返報》
 成功率を大幅に引き上げました
 風属性呪詛に、速度低下の効果を追加しました



引用元:http://www.gamecity.ne.jp/nol/news/body_3459.htm#3459

だので、1人でできるもん♪(寒い)な途絶と内丹崩を早速試してきました。

『対象に与える耐性低下値を引き上げました』は、途絶は見た事なかったので(すみません…)多分変更前は10%で合ってると思います。内丹崩は調べたので10%だったのは確かです。

こっちが途絶。

tozetsu-2.jpg

両方とも20%になってました。いきなり黄色になるんですね。凄いねエ。強化なのかどうなのか体感として分かりづらいとは思いますが。

『※重ねがけでの上限値は変更ありません』

こっちが内丹崩。この手の実験で安土の武芸ちゃんに全部当たったのは、3回検証してきましたがはじめてでした。

naitanhouss-11.jpg

これも確かめましたが、20%→40%→50%となり、50%で打ち止めです。

安土の鎧鍛冶相手だと、煉己が残った状態だと3ターン目で10000超えましたよ☆凄いね仙論さん修正されるね!!

そういや、前の調査でスカがボチボチあった安土の武芸さんに今回はスカなく当たったんで、命中率も上がってるようです。

自分で六星して腹パンしまくって対象を殺す…これは腕力仙論の時代が来る…!(ナイナイ)

返報とパイタッチ・煌は後日になるかもしれませんがまた後程調べまーす。

ゆめが~かなあ~ったあ~

ほーおかーいーどー…ではなく金色堂

konjikidou-1.jpg

色々あってやっと今週行けました;;長かった…おっちゃん行ってみたかったんや…

リアル金色堂って多分ここまで寄れないんですよね。数年前正月みちのく一人旅…いや東北に旅に行った際見に行ったんですが、遠方からしか見れなかったですが、勿論こんなキンピカではありませんでしたがwこんな感じというそのまんまでした。

小田原城とか、ほんと割と再現されてますよ建築物。松本城とかは見に行った事ないんでなんともですが。大阪城は建て直したはずなので全然ちゃうと思います、多分。何分小学校の時にしか入った事ないから流石にわからんw。行ってみたいなあ…あちこちへ。のぼん思い出しながらお城見たいです。

konjikidou-2.jpg

こういう会話ができる御大に感謝です。ありがとう。ありがとう。

該当の記事は見つかりませんでした。