黒白混淆(メイソウアマソウX)

信長の野望onlineというMMOの事やその他なんか適当な備忘録

必死だった事後報告

・サプライズイベント「渡辺知宏からの挑戦状」を終了しました



さて本日終了したたけし、いや『ともひろからの挑戦状』。ミステリ小説が好きな自分としてはこれは最初は絶対自力でやってやる!!と鼻息も荒く実装当日に挑んでまいりました。鼻息荒すぎて、「ネタバレするなよ!絶対するなよ!!」って私設やら知人やらに凄まじい必死さを伝えていました。

これを書くに至って非常に頼りにした記事→渡辺知宏からの挑戦状の更なるネタバレ - 信Onブログ ゲームの中の雨には傘をささない

まず、最初の信書。これはログインする前に「安土・龍の猫浜に」なんて堂々のネタバレを多々見た為、暗号ではなく信書に場所を書いてるのかと思いきや実は違ってたという。まあこれは仕方ない。本編だけは自力で!ととっとと切り替えました。

最初の巻物。「祭の後、異界に消えし主を探す、無垢なる忍を探せ。」

「祭」については、盆踊り記事をブログでモリモリ見たので、流石に直前のイベントの事なのは早々に察しました。ということはまあ間違いなく安土でしょう。残りの文から、「異界に消えし」…ああ、魔都裏堺とか飛ぶあの門の事かも!と思い走って行ったら見慣れないNPCがいて無事発見。はしゃぎ過ぎてる感がどうにも他人に思えません。しかも置いて行かれてるし。

そしてここから私の本領発揮。

二番目の巻物。「遠淡海(とおつおうみ)を午と見る、御山を見上げ道を見下ろす傘の上」

とおつおうみ、「遠江(とおとうみ)」とよく似てるけど、ここはググるさんの出番です。

とおつおうみ〔とほつあふみ〕【遠淡海/遠江】

浜名湖のこと。琵琶湖を「近つ淡海」というのに対し、都から遠い湖の意。また、遠江(とおとうみ)の古称。
「―引佐(いなさ)細江の水脈(みを)つくし我(あれ)を頼めてあさましものを」〈万・三四二九〉



引用元→https://kotobank.jp/word/%E9%81%A0%E6%B7%A1%E6%B5%B7-581883

というわけで浜名湖を「午」と見るわけです。最初ウッカリ「うし」と読んだのは秘密。「うし」だと「丑」だっつのw。「うま」でいいはずだけど、一応確認を…ww。「ねうしとらうたつみうま」で7番目だから、ねの真裏だから南だよねっと。

十二支と方位 - 暮らし歳時記

というわけで確認を終えたものの、目星を見つけた後がなかなか見つからないw浜名湖に近い北付近をグールグールしてましたww。傘=は茶屋の野点傘かも?というのはうすうす気づいてたのですが、浜名湖が南に見える範囲に茶屋が無い!

山ってもしかして名所?…まさか遠江を南に接する信濃に行かないとだめ!?(←そんな事考えるヤツはいたのかという凄いアレです)と思い、北の関所に向かってダッシュしたところ、なんか関所付近に人がモリモリいるwwwwwwwww

そこでイナバさんに無事会えたわけです。とある知人に「挑戦状頑張ってるんだ!(鼻息ムフー)」と伝えてたら、「234は、うん、懐かしい」という言葉を頂きました。見た数々のブログでは大昔を知ってる人は少ない様子でしたねそういや。

昔はこんなのがあったんだよう~

そりゃもう今より全くコンテンツが充実してなかった頃は、こんなユーザーイベントはそこそこ起きていたんです。10年以上選手のオッサンどもは「うわあ懐かしいw」ってなるのはお分かりになるだろうか…(ガクガクブルブル)

気絶しないうちに3つ目いきましょうか。

三番目の巻物。「雷を招きし天衝く社、そこに待つ鬼神を目指せ」

これの私の迷走っぷりは凄かったw包み隠さずお伝えしましょうww

まず、完全に「社」という言葉にとらわれていました。「雷」「神社」でぐぐったところ、最初の方はのぼんで見たことない神社がひっかかり、そのうち「上賀茂神社」というところが出てきます。これは確か山城の名所であったはず…。

行ってみた所、ハズレ。ぐぬぬ。

次もまだ「神社」にとらわれていた私、時間が経ちすぎてどういう経緯でその発想に至ったか忘れましたが(多分使ってきた技能がビカビカしてた=雷だと思ったんでしょう)、三輪山にダッシュする私wwwwwwwwwwwwww

勿論言うまでもなくハズレです。ムキー!!

その様をあまりにも憐れんでいたのでしょうかw見かねた某シー先生がついに、私以外にわかりづらいヒントを投げかけてきます。

機織ぬれば [3:烏龍茶 ]:みっつめヒントがつれえw
シーサー [3:烏龍茶 ]:俺の予想が正しければ
シーサー [3:烏龍茶 ]:タキンコは無理だと思う
シーサー [3:烏龍茶 ]:そこはわかってもその先を知らないと思う


シーサー [3:烏龍茶 ]:タキンコは品と見ないと無理だと思う
機織ぬれば [3:烏龍茶 ]:ひどいいわれようだ!w
機織ぬれば [3:烏龍茶 ]:もうちょいがんばる
シーサー [3:烏龍茶 ]:5万貫賭けてもいい


「私が無理」「分かってもその先を知らない」

やっとここで「神社ではない」という結論に至ります、シー先生は恐ろしい長い付き合いの知人、「無理」「先を知らない」→迷子になりやすいダンジョン→きっとずうっと誰かのケツをおっかけてきたダンジョン

よく迷うで知人間で有名なのは忍者砦なんですが、これは何か違う気がする

「品を見ないと無理」品…品?アイテム??

巻物には「天衝く」「雷を招く」

機織ぬれば [3:烏龍茶 ]:あっ!

蜃気楼の塔 - 寄合所

*ここにある蜃気楼の塔の解説、ボスをよーくご覧ください

機織ぬれば [3:烏龍茶 ]:ああああああああああ

やっと脳細胞がトップギアようやく繋がりましたwもう完全にヒントのおかげでしかありませんwこのヒントを出せるのは付き合いのなせる業でしょうか

ちなみに、このボスが落とす「紫電の羽衣」はこれまた大昔は後衛の憧れのドロップでした、このボスと戦うまでの手順が本当に大変だったものです。

蜃気楼の塔にたどりついたものの、ボスが出る場所には何もありませんwなんか上に運んであげるーって行ってる人がいるし、なんかみんなバタバタしてるので、とりあえず昇ればいいのかと、誰も信じてくれないかもだけど本当に自力で4Fまでいってwあとは人がウロウロしてるところに自分も流れていきましたwしたら3体目のNPCがいて無事終了。

さて、やっと最後の巻物だ!!何々「みかづねを満たせぬ原を持つもの、その巨躯を抱きし地の頂きを目指せ」

勢力会話でもやってる人がいて、イナバさんとかバラしてた人がいた(幸い自分が見つけた後だった)ので勢力会話をメインキャラは抜いていたのですが、サブのキャラは迂闊にも入れっぱなし、気づいた時点で抜けばよかったものの、見なければいいとほったらかしていたのです。蜃気楼の塔を終え、追尾が切れてないか確認しようとしたら!!!!!!!

「さて最後の巻物を取りに金山の山に登ってくるか…」(勢力会話)

うわああああああああああああああああwwwwwwwwwwwwwwwwwww本当に見たそのタイミングでこの会話が流れてきました

燃えた…燃え尽きたよ…真っ白によう…w

昔は早馬も所在移動も瓦も無かったので、言うまでもなく船は大昔の人間にはとても懐かしいのです…はい…(鼻水を垂らしながら)。

見事なオチがついて私の暗号解きは幕を閉じましたとさw。

最後の巻物の謎の解き方は、めっちゃ参考にした、一番上にリンクを貼ったブログをお読みくださいまし…。
スポンサーサイト

4 Comments

Becker says...""
この記事を読んだおかげで、まだ何のネタバレもないうちに「におのうみ?琵琶湖?」とか言いながら思いっきり安土ではなく近江のフィールドに向かい、いつまで経っても何も起きない琵琶湖のほとりでたくさんの人々と無数の「?」マークにつつまれていた自分たちを、なんだか幸せに感じることができました。ありがとうございます。
2015.09.10 01:09 | URL | #- [edit]
伊賀さん says...""
私の記事を参考に叫んでみてもよかったと思います!!(笑)
2015.09.10 11:21 | URL | #- [edit]
機織ぬれば(丹沢タキ) says..."Re: タイトルなし"
コメントありがとうございます、っていうか、それは、

「俺ら以上に可哀想な子がいた…」

ってことかーッ!?w(被害妄想です)

もとい、なんか見たブログでは苦労なく挑戦状をクリアしてた方が多かったようなので、「こんな面白いことになってた人もいたんだYO!」というのが伝わってたら本当に幸いですw。
2015.09.10 20:01 | URL | #- [edit]
機織ぬれば(丹沢タキ) says..."Re: タイトルなし"
> 私の記事を参考に叫んでみてもよかったと思います!!(笑)

挑戦状中は、情報を一切遮断していたのでw、クリアした後に読んだのですヨ…

100人乗っても大乗衣!(なんか違う)
2015.09.10 20:02 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。