黒白混淆(メイソウアマソウX)

信長の野望onlineというMMOの事やその他なんか適当な備忘録

妄想は無限に広がる大宇宙



いやほんと宮川さんの音楽って印象に残って凄いよなあと思うのです、この曲はコーラスが耳に残る

ですが、オーケストラバックで歌うというのはなかなか大変なそうで、(私の記憶違いの可能性もありますが)、「苦労した曲」としてこの曲をこの方があげていました。レコーディングとかバンドとかとまた違った大変さがあるんでしょうね。



…何の話しようとしてたんだよ!!!!w

いきなり大脱線した話を戻します。近づいてきた東西と天下について妄想したのでちょっと書き残します。いいですか、妄言です、断言でも予言でもないです。はずれる憶測とも言いますがその辺をご留意してお読みください。

------

去年東西振り返り苦情4部作を書き上げましたが、それは多少考慮されたのかどうかわからない。今年の東西の説明で気になったとこをあげてみます。

東西記事についての引用元:http://www.gamecity.ne.jp/nol/anniversary/2016/index.htm

☆今年の売りはどうやら『突撃大名』らしい☆

今回の東西大合戦では、大名自らが敵陣を攻める“突撃大名”が登場します。突撃大名は周囲のプレイヤーキャラクターの起こす戦闘に参加するため、大名を仲間に入れて敵方のプレイヤーを蹴散らしたり、敵陣武将に突撃して共闘したりと、様々な戦術が生まれます。

突撃大名は、開戦から一定時間経過すると本陣内に1人登場します。その突撃大名に戦闘で得られるアイテム《奮闘の証》を一定量渡すと、ランダムで選ばれた敵陣に突撃します。突撃大名が敵陣に到達すると、その陣にいる敵NPCは混乱し、敵武将は弱体化します。

また、突撃大名の周囲では戦果や手柄にボーナスが生じます。味方の突撃武将は極力守り通し、敵方の突撃武将は早々に討ち果たす。戦果争いの面でも、突撃武将を巡って白熱した戦いが繰り広げられるでしょう。

※突撃大名の生命力は、戦闘を超えて保持されます。
「東西大合戦前夜祭キャンペーン」による手柄増加は、突撃大名の周囲に生じるボーナスに対しては効果がありません。
※NPC“小荷駄”より、突撃大名の下にワープする機能を利用できます。ただし、ワープ時に徒党は解体されますので、ご注意ください。



米印の太字は説明読んでない人が期間中ブーブー文句垂れそうだな、と思いあげてみました、私も読んでなかったらビビるだろうな、とも思っていますw

突撃大名は通常合戦の突撃武将の大名版と思っていいみたいですが、手柄札が尽きてからみんな群がるようになるのですかねエ。東西の武将は今回は真田VS伊達+αって感じなので、大名を倒したのがオレスゲーになりやすいと思うのですが、気になるのは「戦闘を超えて保持」ですね。1徒党で倒せる数値の設定になってるんでしょうか。現状どおりの数値をなんも考えずにつっこんでたらボッコボッコ落ちるいつもの感じになりそうですがw。この突撃大名がプレイヤーにどう写るかで今年の東西が左右されそうです。

☆奇襲大名とはなんぞや☆

合戦場で一定時間が経過すると奇襲武将が現れます。敵軍の奇襲武将が合戦場にいると、自軍の戦果が徐々に減ってしまうので、速やかに撃破しましょう。倒すと味方の奇襲武将を敵軍の要害に送り込めるようになります。なお、奇襲武将は出現から一定時間が経過すると退却します。



過去のたぬききつねの奇襲白馬黒馬みたいなものでしょうか。どういう武将が現れるか、強さはどれくらいかが気になる所です。

☆報酬に釣り餌がない☆

敵のプレイヤーキャラクターやNPCを倒すと手柄というポイントが手に入ります。これと引き換えに報酬アイテムを獲得できます。これまでの東西大合戦の報酬に加えて、1週目にはプレイヤーキャラクターの成長を手助けする各種アイテムが、さらに2週目には「12周年デザインコンテスト祭り」入賞作品が登場します。



この2年くらい「乗らなければ…このビッグウェーブに…!」的な勾玉とか(時喰らう~とかです)が今回ありません。個人的には大歓迎です。もう「一つカチっては神具のため~」「あと○pt…」という賽の河原みたいなブログを読むのはごめんだったもので。「なんだいいものねーなw行く価値無し!!」って人もいるとは思いますが、東西『合戦』でありただのいつものpt狩りの延長じゃなく、「行かなきゃ損」みたいなイベントじゃない方が、このゲーム長いオッサンには大歓迎。

※今回の東西大合戦では、ワールドステータスの更新はありません。



とあり、「すっげー強いの倒したどん!」というのも私のような自分大好きブロガーが自ら宣伝するしか手段がありません。とは言えここ数年ワールドステータス更新ありませんけどね。なんでやろ。結果発表はあるようなので、2週間ptたっぷり稼いで公式に晒し上げ載る事は可能です。

去年のような武将取った取られた問題は多少緩和されるかな…?と期待したい説明でほっとしました。実際は蓋開けないと何とも言えませんけど。武将、特に大名はボッコボッコ落ちる強さじゃないのを祈りたいです。

…あー。書き上げる直前で気が付いたけど、大名落とした人が怒られるとか、そこまでの周囲戦闘ボーナスの美味しさじゃないのは祈りたいとこです。大名がどうか大名(笑)の強さじゃありませんように。うまく機能してくれれば対人もN戦もやれそうなのですが…。

というわけで東西はここまで。

------

以下の貼り付けは前回の天下分け目のルールです。多分このまま流用するかなアと思いまして…。

天下分け目の引用元:http://www.gamecity.ne.jp/nol/tenka/2015/

盟主と従属している勢力を除く残りの勢力は、それぞれ東軍と西軍のどちらに味方するか(またはどちらでもよいか)、の献策を行います。
献策期間終了後、以下の順番で陣営の割り振りを行います。勢力が決定した順序が早い3勢力を“特別枠”と呼びます。
1.盟主の希望と献策が一致している勢力をその陣営に加える。
2.盟主が希望していて“どちらの陣営でも可”を選んでいる勢力をその陣営に加える。
3.それ以外の勢力を天下人番付上位から希望陣営に加える。この時点で片方の盟主の味方が3勢力に達しなかった場合は、以下の調整を行い、片方の陣営が盟主を含め必ず4勢力になるようにする。
4.“どちらの陣営でも可”を選んでいる勢力を天下人番付上位からその陣営に加える。
5.多い側の陣営に加えた勢力を、天下人番付下位からその陣営に移動させる。



順位で決まるんじゃね?って聞いてそうだったっけ??と思ったので調べ直した次第です。3順目以降が順位が絡むのですね。なるほど。

というか、この辺は今年も変わらずこのまま…なのでしょうけど、変えてみたのがいいと思うんですがどうなりますでしょうかねエ。こういう決定権はプレイヤーに投げるのは割と徹底してずうっと一貫してるので、コーエーが変われってよりはプレイヤーがなんとかしないといかんと思います。

あとは武将がボコボコ落ちるのは…ほんまもう。せめて新基準にして欲しい…。大名が作業的に落ちるとか切ない。

------

以降は分かる人にしかわからない話。

ドサクサで今期の途中からああだこうだやってきましたが、色々頼りないナニですみませんでした。なかなか難しい諸々がありましたが、言葉をくれたみんなに100%返せたとも思えませんが、精一杯はやったつもりです。

今回の天下もうちはまずみんなに聞いてそれを総意としますので、もう少しお付き合い下さい。天下は自分のタイムサイクル等で、言いたい事あるけど普段言われへんねん!!って人は、信書欲しい!って意思は必要ですが、信書で経過を色々伝えて、そのお返事を反映しますので、できるだけ普段の合戦参加してる人の意思は聞かせて頂ければ幸いです。対話でも、ここの匿名コメントでも大丈夫だヨ。

どんだけの人がここ知ってるか知らんけどな…w。一応これは私個人のブログでそれを通したいので、派手に宣伝は致しませんことよ。
スポンサーサイト

2 Comments

井村屋めろん says...""
目玉の景品は旗印じゃないの?w
2016.06.06 05:57 | URL | #- [edit]
機織ぬれば(丹沢タキ) says..."めろんサンへ"
いや片面だろう…!
2016.06.08 18:10 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。